保育士の不服はやはり給与面な理由とは

統計データを使って、子育てや教育にまつわる「二通りの胡散臭さ」に解答するミッションシリーズ物。エンゼルプランプロブレムと一緒に、保育士の人手が足りないバック グラウンドにある保育士の処遇の酷さに焦点を合わせています。中でも保育士の報酬について、様々な情報から推理して行きます。

今回は「保育士は「挑戦しがいとり立て」に直面している、「私が保育士を辞めた」の訳合い」について下記にまとめてみました。

有期パートの9割以上が年収200万円未満、限定正社員でも6割が年収300万円未満

「保育所下向いた日本死ね!」というペンネームブログがサブジェクトになり、政治を動かしていますが、「私が保育士を辞めた」というツイッター投稿問題にも関心を寄せました。保育所の人手が足りないことと保育士の処遇の酷さの問題では、双方が繋がりがあることを知らない人は既にいないでしょう。保育士が集結しないから、保育所が増加しない。保育士が集結しない訳合いの一つに、保育士の月給が僅かだからとあちらこちらで言われています。東京都の保育士実態調査のデータのグラフを見た結果、(2013年の夏、都内で就業している保育士のデータ)。エフェクティブ受答をコレクトした保育士の勤務レベルの分類は、限定正社員が6割、有期フルタイムが1割、有期パートが3割です。有期パートでは9割以上が年収200万円未満で、正規職員でも6割が年収300万円未満です。これほど安いと、保育士志望者はいないだろうなと思います。

不満はもっぱら給与面

今日、保育士達は、給料にさぞ不服を抱いていることでしょう。都のリサーチでは、「本望<不服」の割合を見て取ることができました。10ケ条の中の8ケ条は、不服より本望の歩合がぐんと高いです。就労時間や仕事場の人々の関係面では、保育士の本望度は高いようです。不服は、 単に月給面にコンセントレーションしています。10ケ条のうち本望レベルが一番高いのは、職務の挑戦しがいです。健在の保育士の7割以上が「本望」と強く主張しています。人命を受命されるほどの重要な職務です。程ほどの専門知識も須要です。挑戦しがいについての本望レベルはハイです。自分は高尚な職務に携わっている、という自尊心も感じ取れます。なので、「金目当てなのか」と言われることを恐れ、本音に潜んでいる月給への不服の本心をついつい隠蔽しがちでしょう。現在の保育の仕事場は、保育士達の「挑戦しがい」救援を受けていると言えます。