仕事を辞めた理由はママさん達からの過剰な要求

私の仕事は現在公務員として働いていますが、妻は結婚する前は保育士として働いていました。

今回は妻の働いていた時のお話をしようと思います。私の妻は県内の公立の保育園で働いていたのですが、もともと子供が好きだったようで、大学で児童心理学や専門的な勉強をして教諭免許を取得し大学卒業後働き始めたようです。働き始める前は子供たちとこんなことをして、遊ぼうとか、こういった教育をしようと色々な計画を立てていたようです。しかし、初めの1ヶ月でその、希望は変わりました。

保育園は朝から夕方くらいまでを基本的に保育する施設になるので、それまでは子供たちと一緒にいます。子供たちと一緒にいる時は怪我がないか、子供たちで意地悪していないか、はぐれている子供がいないかなど子供たちの行動に逐一目を光らせていなければいけません。

さらに、毎日ある園のサイクルに合わせてもらわなければいけないので、それに合わせるのがとても大変だそうです。さらに、1人で多い時は10人くらいの子供をみるそうです。園独自のイベントや毎月ある行事の計画や準備などがあるそうで夜遅い時は10時くらいまで園に残っていることもあるそうです。

さらに、園だけでは間に合わない時は家に持ち帰って折り紙や、メッセージカードなどを作らなければいけないため毎日睡眠時間が3時間程度の日もあったそうです。そんななかでも、子供たちが喜んでくれたり、楽しそうにしている姿を見ていると疲れは吹っ飛んでいたと言っていました。

しかし、妻が仕事を辞めた理由はママさん達からの過剰な要求がストレスになったからだと言っていました。

お遊戯会などかあると自分の子だけ主役にしてくださいや、何故うちの子はダメなんですかなどの問い合わせ、喧嘩があれば園の対応はどうなったいるんですからといった問い合わせがあるなど、本当にノイローゼになるくらい追い込まれていたそうです。

全ての園がそうだとは、思わないのですが実際にそういった所があるので妻はもう再就職は保育園以外にするといっていました。見た目以上に本当に大変な仕事なんだと改めて思いました。